FrontPage

手笛は、手を組んで息を吹き込むことで音を出す奏法。また、ハンドオカリナ(Hand Ocarina)、ハンドホイッスル(Hand Whistle)、鳩笛などと呼ばれる。

やり方

さまざまなやり方がある。

  • お祈り型 手を祈るようにして組むやり方。
    ハンドフルート」はこのやり方を更に進化させた奏法。
  • ノーマル型
    俗に“おにぎりを握る形”と呼ばれている。
  • アンダーハンドパス型
    バレーボールのアンダーハンドパスの手の形で、親指を並べて第2関節から吹き込むやり方が一般的なやり方。

など。
「手を組んで作った空洞に親指を並べて作った吹き口から息を吹き込んで音を出す」
「空洞の容積の広さで音程が変わる」
ということが共通している。

 

2018-09-13 00:29 takayama 作成


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-13 (木) 00:30:49 (255d)